アクセス方法

公共交通機関でお越しの場合

九大学研都市駅(JR筑肥線)で下車し、昭和バスに乗り継ぐ方法と、博多・天神方面からの直行バス(西鉄バス)を利用する方法があります。
最寄りのバス停は「九大イーストゾーン」ですが、路線によっては「九大ビッグオレンジ」にて下車する必要があるものもあります。


各交通機関の時刻表や乗り場、唐津方面からのアクセス方法等は、九州大学伊都新キャンパスサイト及び各社のホームページをご覧ください。

 

 

お車でお越しの場合

駐車を希望される場合(有料)は、椎木講堂前またはビッグオレンジ前の守衛所で手続きをしてからイーストゾーンへ向かいます。タクシーの場合は、直接イーストゾーンに行き、ゲートのインターホンを押して入構することが可能です。

 

 

 

 

1 「九州大学」交差点を左折します。

 

九大学研都市駅方面からの場合、「九大ゲートブリッジ」の先に「九州大学」交差点があります。
学園通線の「九州大学」交差点を理系地区方面へ曲がります。
九大学研都市駅方面からの場合、左折となります。
※タクシーの場合は右折して直接イーストゾーンに入構できます。

地図に戻る》

 

 

2 ビッグオレンジ手前で左折します。

 

守衛所とビッグオレンジの間で左折します。
「パスカードのない方は手続きを」の看板が目印です。
つきあたりの一時駐車場に駐車し、守衛所に向かいます。
ナンバーなどを申告し、パスカードと入講許可証を受け取ります。
学内への駐車は原則として有料です。

〈駐車料金について〉

2009年より駐車1回につき300円が必要になりました。ただし、免除事由に該当する駐車(公開講座など)については無料となる場合があります。

 

〈イーストゾーン大駐車場、センターゾーン等への駐車〉

イースト1号館付近の駐車場は平日午前10時ごろには満車となります。満車の場合はイーストゾーン大駐車場(イースト1号館まで徒歩5分)へ駐車してください。
また、イーストゾーンの設備保守や駐車状況により、センターゾーン立体駐車場(徒歩15分)等への駐車を指示される場合があります。守衛所係員の指示に従ってください。

 

地図に戻る》

 

3 イーストゾーンへ向かい、ゲートを通過します。

 

一時駐車場出口を右折し、「九州大学」交差点を直進してイーストゾーンに入ります。
パスカードを機械に差し込むとゲートが開きます。パスカードは戻りません。
入講許可証をダッシュボードに置き、車外から見えるようにします。

 

地図に戻る》

 

 

4 構内信号機まで直進し、駐車場に駐車します

 

イーストゾーン内を道なりに進みます(約300m)。途中、200mほど進んだところに大駐車場入口があります(右手の丘)。イースト1号館付近が満車の場合はそちらに駐車してください。
イースト1号館付近への駐車の場合、構内信号機のところで左折します。
開いている区画に駐車します。駐車場に入ったところを右折し、つきあたりの「総合臨床心理センター」付近(写真中央奥)に駐車すると徒歩の距離が短く済みます。

 

〈イースト1号館付近満車時〉

イースト1号館付近の駐車場は、平日午前10時ごろには満車となります。満車時はイーストゾーン大駐車場へ駐車してください。

 

イーストゾーン大駐車場からは階段をくだり、道路を横断してイースト1号館へ向かいます。

 

〈お帰りの際〉

椎木講堂横のゲートは、徐行して手前まで車を進めると自動的にゲートが開きます。そのまま「九州大学」交差点に進み、退出します。
入講許可証は使い捨てです。返却する必要はありません。

 

地図に戻る》

 

 

 

研究室へお越しの場合

研究室はイースト1号館の4階にあります。複数のルートがありますが、中央付近の入口を利用した場合を紹介します。

 

1 イースト1号館に入館し、エレベーターに乗ります。

 

入口より見える螺旋階段(写真中央付近)の裏側にエレベーターがあります。
※写真奥の自動ドアは「総合臨床心理センター」付近に駐車した場合の入口です。
エレベーターは写真左側、L-cafeの手前です。
エレベーターで4階に上がります。

 

2 エレベーターを出て右前方の廊下を進みます。

 

エレベーターを出て右前方に見える廊下をつきあたりまで進みます。

 

3 廊下つきあたりを左折後、しばらく進むと右手に研究室があります。

 

廊下のつきあたりを左折します。教育社会学研究室が目印です。
廊下右手に元兼研究室があります。
さらに進むと、教育法制・教育行政学研究室があります(元兼研究室の隣)。

 

Google Mapで見る

研究室ホームページのアクセス方法のページでは、Google Mapを埋め込んでいます。ご活用ください。

 

箱崎地区の研究室

かつて存在した箱崎地区へのアクセス方法はこちらです(キャンパス閉鎖のため現存しません)。