前年度までの講義

 

<平成29年度>

担当講師:

木村 拓也 先生

役職名九州大学人間環境学研究院 教育学部門・准教授

学部担当九州大学教育学部 教育/21世紀プログラム

大学院(学府)担当人間環境学府 教育システム専攻

専門分野:教育計画論、教育測定評価論、社会調査法

書籍等出版物:

新しい時代の大学入試』金子書房、2014年

高等学校学習指導要領 v.s. 大学入試ーー高校教育の規定要因を探る』東北大学出版会、2012年

高大接続関係のパラダイム転換と再構築』東北大学出版会、2011年、等

活動概要:

  「テスト(測定/評価)の政策・制度」を専門としています。特に、大学入試制度が高大接続システムに与える影響に興味をもっています。「テスト」をよりよく理解するためのツールとして教育測定論の知識も応用して研究していますが、社会学、歴史学、制度論的アプローチを得意としております。最近の研究としては、歴史資料に埋もれてきたテストデータから戦後大学入試の軌跡を描き出す「戦後大学入学者選抜制度の計量歴史社会学」をメインの仕事としています。
 私の研究スタイルの根底には、「テスト」を単純に十把一絡げに否定してしまうのではなく、それは「テスト」に関する思考停止になるし、なにより「テスト」研究が進歩せず、良くも悪くも「テスト」に対する理解が滞ってしまう、という考えがあります。なので、一度、「テスト」を現実的に社会の「必要悪」とでも割り切って考えた上で、よりよくするための改善、制度変更、或いは、よりベターな使い方について考える研究を志向しています。

 

金子 周平 先生

役職名:人間環境学研究院 人間科学部門 臨床心理学講座

学部担当教育学部 心理

大学院(学府)担当人間環境学府  人間共生システム専攻  臨床心理学講座

専門分野:臨床心理学、人間性心理学

書籍等出版物:

基礎から学ぶ心理療法』ナカニシヤ出版、2018年

心理学を真面目に考える方法:真実を見抜く批判的思考』誠信書房、2016年

「我が道の歩き方が分からない成人女性との面接を通した非指示概念の再検討」『心理臨床学研究』第34巻第4号、2016年、等

活動概要:

研究テーマとして、1)グループ・ファシリテーター養成プログラムの効果検証、2)ヒューマニスティック・アプローチにおける指示/非指示の問題、3)役割交換書簡法・ロールレタリングの臨床心理学的・教育的活用、4)エンカウンター・グループ、5)ラージグループ:研修型グループ・アプローチに取り組んでいる。また大学、大学院では人間性心理学、グループ・アプローチを中心に教えている。社会的活動としては、日本人間性心理学会、役割交換書簡法・ロールレタリング学会、NPO九州大学こころとそだちの相談室の役員などを勤めている。


 

<平成28年度>

担当講師:

山口 裕幸 先生

役職名九州大学人間環境学研究院長

学部担当九州大学教育学部 心理

大学院(学府)担当

人間環境学府 行動システム専攻 心理学講座、

法務学府(法科大学院) 実務法学専攻、

リーディング大学院プログラム「持続可能な社会を実現する決断科学」

専門分野社会心理学、集団力学、組織行動学

書籍等出版物:

『チームワークの心理学―よりよい集団づくりをめざして』サイエンス社 2008年

『心理学リーディングス―素朴だけど不思議な日々の出来事と人間心理』 ナカニシヤ出版 2001年

『コンピテンシーとチーム・マネジメントの心理学』朝倉書店 2009月等

  

望田研吾 先生

役職名:九州大学 名誉教授

学部担当経験比較教育学概論 、比較較教育学特論、国際教育論

大学院(学府)担当経験:人間環境学府 比較国際教育学

専門分野:教育学、 教育社会学、 比較教育学

書籍等出版物:

『21世紀の教育改革と教育交流』東信堂 2010年

『比較教育学事典』東信堂 2012年

『現代イギリスの中等教育改革の研究』 九州大学出版会 1996年等

  


 

<平成27年度>

平成27年11月29日に開催された「高校生のためのリサーチトライアル in 九大教育学部」プレセミナーにおいての丸野先生(九州大学理事・副学長)による講義「大学での学び」を公開します。

↑ PAGE TOP