• 九州大学

教員の紹介|遠矢浩一

教育心理学系

遠矢浩一 TOYA Koichi|教授

発達相談学第二

発達相談学第二では、人とのコミュニケーション、友人関係、ことば、運動など様々な心身の発達に難しさを抱える子どもたち、そしてその家族の支援について臨床心理学的に研究しています。特に、こどもたちのためのグループセラピーや、障がいをもつ子どものきょうだい児、および、保護者のための支援活動を日々、実践しています。臨床動作法という私どもの研究室を中心に開発してきた技法による支援活動もまた一つの特徴です。学部生の段階から、大学院生と活動をともにしながら、体験的知識と技術を得られる場を提供しています。子どもたちの成長に携わることができるという点が魅力です。

▲ TOP