• 九州大学

教員の紹介|佐々木玲仁

教育心理学系

佐々木玲仁 SASAKI Reiji|准教授

カウンセリング第三

カウンセリング第三では、主に描画法や箱庭療法といった心理療法で用いられる非言語的な方法を中心に研究を行なっていきます。私自身の主たる研究テーマは風景構成法という技法ですが,それにとどまらず,バウムテストなどの描画法,ロールシャッハ法や文章完成法(SCT)などの心理アセスメント技法についても扱っています。全体としては,臨床場面で真に有効な技法とはどういうものかを考えていくというのが基本的な方針です。

また、それらを扱うための研究方法論そのものも研究の対象としていきます。これに関する私の現在の関心は,いわゆる質的研究法によって心理臨床場面に有効な知見を得るための具体的な方法論です。しかし,量的方法を排除するつもりはありません。いずれにしても,方法論的な洗練と臨床的有用性を兼ね備えた研究を行うための研究方法そのものを研究するというのが一つのもう一つの方向性です。

▲ TOP